立花クリニック/脱毛大阪 眼瞼下垂 ほくろ除去 ブリッジセラピー にきび跡消す

立花クリニック

お問い合わせ

刺青(タトゥー)・アートメイク除去に関する施術

刺青の除去施術費用

主にQスイッチYAGレーザーを使って治療しますがプロが彫ったもの、アマチュアによるもの、または器械で彫ったものによって取れにくさは異なります。プロや器械で彫ったものは概して墨の量が多く、しかも皮膚の奥深くまで墨が入っているので取れるのにかなりの回数がかかります。通常3ヶ月ごとに治療を進め、10回以上はかかるということが多いです。
それに対して素人が彫ったものは比較的墨の量が少なくて取れやすいことがあります。それでも5回ぐらいは最低必要なことが多いです。基本的にレーザーで取れる色は黒色だけです。赤や黄、緑などのカラフルなものはレーザーではなかなか取れません。その場合は手術によって切り取り、植皮をすることも考えなくてはなりません。

アートメイクや外傷性色素沈着(=外傷性刺青)の除去施術費用

刺青に比べてアートメイクや外傷性色素沈着(けがが治った跡の皮膚に青い色が残ったもの)はQスィッチYAGレーザーでかなり簡単に取れます。大体1回か2回の治療で終わってしまうことが多いです。
ただし、これも黒い色に限られますのでカラフルなものは困難です。時々、黒色のアートメイクの気に入らない部分に肌色の色素を上乗せされている患者様がおられますがこれは最もまずいやり方です。肌色を上に乗せても黒色は透けて隠せないので解決になりませんが、そうなると肌色の色素がレーザーの邪魔をして、その下にある黒色も取れなくなるからです。

婦人科に関する施術

女性特有の悩みを解消する各種施術を行っています。

膣縮小術施術費用

女性が2~3回正常分娩を繰り返すと、少しずつ膣壁がゆるんでくることがあります。分娩によって膣壁がゆるむのは、膣壁と肛門を包んでいる肛門拳筋という筋肉がゆるむためです。そこで手術で膣粘膜と肛門拳筋を縫い合わせ、膣口の弾力や圧力を回復させます。膣粘膜の傷はきれいに治り、傷跡は残りません。

小陰唇、大陰唇縮小術施術費用

女性の性器の悩みは、場所が場所だけに誰にも相談できず、必要以上に深刻になってしまうものです。なかでも多いのが「小陰唇が大きい」という悩み。気になるなら、小陰唇の余分な外側を切除する、簡単な手術で小さくできます。痛みもなく、この付近の傷は見ただけではまったく分からないほどきれいに治ります。

処女膜再生術施術費用

特殊な糸を使って処女膜を縫い合わせて再生します。ただし効果は1回限り。1回の手術で効果があるのは、手術後はじめての性交に限られます。

クリトリスの包茎

モーニングアフターピル(緊急避妊法)施術費用

男性科に関する施術

下記のような男性特有のお悩みなどもご相談いただく事ができます。

包茎手術(仮性・真性)施術費用

パイプカット施術費用

ED(勃起不全)治療施術費用

その他の施術

ケロイド施術費用

手術で切除しても再発が多いので、なるべくステロイドホルモンを注射します。しかし、効果が出にくい場合は抗癌剤をステロイドに混ぜて注射をしますと結構よく効きます。

傷跡形成手術施術費用

事故や怪我、手術などによってできた傷跡を、美容外科ならではの技術と手間を惜しまない手術によって、より目立たなくさせることができます。

ピアス(耳・ボディー・他)施術費用

ピアスの穴開けは病院で!
痛くない、安全なピアス開け。24K張のファーストピアス付き

ピアスはとてもお洒落ですが、自分で開けたり、友人に頼む場合は、衛生面の不安があります。お洒落のためにすることで、万一のことがあっては大変です。またファーストピアスは、拒絶反応なども考慮したものを使用する必要があります。 立花クリニックではまったく安全で痛みのないピアス開けができます。ファーストピアスも、最も拒絶反応が少ないといわれる24k張、または金属アレルギーに対応したチタンピアスをご用意しています。

巻き爪矯正治療(陥入爪・弯曲爪)施術費用

巻き爪による指先などの痛みなどを爪の先端に特殊な専用の形状記憶ワイヤー(金属)を装着し、爪の形を矯正させる事で解消させる治療です。

巻き爪は写真のように爪が弯曲してくる病気です。
原因は深爪、合わない靴、外傷などと言われ、爪の端が指の肉に刺さると陥入爪になり化膿して激しい痛みが起こります。今までは巻き爪そのものの治療はありませんでしたが、当院では形状記憶合金のワイヤー(マチワイヤー)を使って爪の形をまっすぐに矯正する治療を行っています。痛みも無く、効果抜群です。

プラセンタ注射に関する施術

プラセンタ注射施術費用

お肌のお悩みだけでなく、疲労回復や肩こりにも効果的

当院で使うプラセンタ注射は人間の胎盤から抽出された注射液で、肝機能障害の治療薬として厚生労働省から保険適応薬としての認可を受けています。以前これを某芸能人が若返り目的に定期的に注射しているという話が一部マスコミで報道されてからブームとなり一般にも使用されるようになりました。
この目的では保険は適用できませんが、実際受けている方からの評判はかなり良くて、疲労回復が早くなった、精力が回復してきた、肌がきれいになった、更年期障害が軽くなった、アトピー性皮膚炎が改善したなどの効果があるようです。ただし、あまり効かないという人もいますので個人差は当然あります。初めて経験される方は1回1~2Aぐらいから始めてみられると良いと思います。

ニンニク注射、点滴施術費用

お肌のお悩みだけでなく、疲労回復や肩こりにも効果的

色んな種類のビタミンを含む注射液をブドウ糖に混注し、10分ぐらいかけて点滴として治療します。何故『にんにく注射』というかというとビタミンB群がにんにくに似た匂いがするからだと言われており、にんにくそのものが入っている訳ではありません。またビタミンB群は注射で一機に注入しますと気分が悪くなることがあるので、点滴にする訳です。あるプロ野球選手が、試合の直前にこの治療を受けて好成績を残したということで話題になり、意欲が出てきて、集中力が高まり、疲労回復に効果が期待できます。

ホルモン(内服)

疲れやすい、物忘れが激しい、いつも気分が晴れない、元気が出ない・・・などで悩んでいませんか?

疲れやすい、物忘れが激しい、いつも気分が晴れない、元気が出ない… などで悩んでいませんか?
実は、ホルモンのバランスが悪化している方に多く見られる症状です。 ホルモン補充療法は悪化しているホルモンのバランスをホルモン補充することで改善します。 年齢的な老化などを感じている方には非常によい効果が期待できます。ホルモン補充療法を続けていくだけで、肉体的、精神的にも活力感が得られ、身体の内面から若返り効果が期待できます。1日1回カプセルを内服するだけですから、どなたでも手軽に続ける事が出来ます。

受付時間:9:30~18:00 休診日:木・日・祝日

オンライン予約はこちら

お問い合わせはこちら

  • 診療時間

    午前診療:9:30~12:00
    午後診療:13:00~18:00

  • 休診日

    木曜日・日曜日・祝日

時間/曜日
午前診療:9:30~12:00
午後診療:13:00~18:00

※最終の受付時間は、30分前までとなります。(平日17:30・土曜日17:00)
※土曜の午後診療は13:00~17:30になります。